第五十射 危険防止.4     「安全対策③」

(5)その他

・稽古時は弓道着を着用する。

   気持ちの切り替えをして、稽古に臨みましょう。

   まずは、形から。

・稽古時に弓道着でない場合は、膝が出ないものを着用する。

・膝の出る短いスカートは履かない。

   弓構えの時、本弭を据える場所が不安定になります。

   男子が不安定になります  (^^);

・道着を着ない場合は、胸に飾りやポケットのない上着を着

 る。また袖の広い上着は着ない。

・指輪・ネックレス・イヤリング・ネクタイ・時計は外す。

・髪の多い方や長い方はヘアバンドか鉢巻をする。

・慣れないうちは、メガネのフレームの大きいものはさける。

   弦で払われることがあります。

・決められた場所以外では、矢をつがえない。

・中仕掛け等の確認のため、つがえる時は矢を人に向けない。

   暴発した際、矢の飛んでいく先に人がいないように十分   注意すること。

・絶対に弓を人に向けて引かない。(矢をつがえていなくても)

   万一暴発したときのことを考えると・・・・怖い!!!!!!

   大けがや死亡事故につながります。

   向けられた方は、矢が見えません。めっちゃ怖いです。

   ふざけてでもダメ!!!絶対にダメ!!!!!

 

 

                                                       気をつけて、鍛錬しましょう。

                    ご安全に!!!!

2019/09/01

徒然・good・射」トッブへもどる

お知らせ

令和元年度審査前講習会

要領.pdf
PDFファイル 120.7 KB
申込書.pdf
PDFファイル 103.1 KB

掲載写真等について

削除要請等があれば対応いたしますので、ご連絡ください。

著作権について

このホームページに使われている画像・テキスト等は、すべて宮崎県弓道連盟高鍋支部に帰属するもの、または正規の手続きを経て使用しているものです。

このサイト内にある画像等の著作権・肖像権等全ての権利は、それぞれの権利所有者に帰属します。

無断ダウンロード、無断使用等は厳にお断り致します。

リンク等も含め、一言ご連絡ください。

なお、十分に注意してはおりますが、不備・不都合等ございましたらご指摘ください。直ちに対処致します。

掲載されている写真が、ご入用の方は、ご連絡ください。

当支部に著作権のあるものに限り、最適なサイズで(0.5KB〜6KB程度)でお送りします。

(多少時間がかかります。)