第四十一射 弓矢に関するエトセトラ #1-7

「故事・物語」7

○三弓堂(みつゆみどう・国富町)

左から、三弓堂(平成5年改築)、三弓堂(昭和51年改築)、日吉神社

万福寺に犬熊山と三弓堂の起源伝説を記した「日向国諸県郡南本庄犬熊山縁起」という、享保三年(1718年)作の木版があります。要旨は次の通りです。

 

「天津彦火々出見尊(アマツヒコホホデミノミコト・山幸彦)が、お狩に御幸されて休息されていた時、御座の後の木の上から熊が尊を襲おうとして身構えしていたが、尊は少しも気づかれない。お伴の犬は危急を知らせるため物ぐるわしく吠えたてたが、尊に一向その意が通ぜず、かえってこれをなだめようとなさるが、なかなか静まらぬので、ついに立腹されて犬を射殺された。この時熊が急に尊に襲いかかったが、尊はまた熊も一矢のもとに胸に射当ててたおされた。しかしその時、尊は犬の真意を悟り、今後は一切の殺生をやめようと誓い、手に持っていた弓を3つに折り捨て、犬と熊の遺がいと一緒にこの地に弔った。

 

伝教大師(最澄)は巡錫の途中ある田家に一宿して、主人から以上の故事を聞き、感激して草庵を結び、薬師像と観音像を自ら刻み、菩薩とよばれていた行基が前に刻んだ弥陀像と合せて三体を祀ったのが三弓堂である云々」

(木版の内容は「国富町郷土史」から引用。一部加筆。)

 

三弓堂は万福寺の南西およそ200メートルの地点、町道に面した所にあります。

三弓堂には6体の仏像が安置されています。皆、良いお顔をされていて、とっても癒されます。

一度拝観されてはいかがでしょうか。

 

 

御一体だけご紹介いたします。

 

 

観音菩薩坐像

宮崎県指定有形文化財

 2017/09/18

徒然・good・射」トッブへもどる

お知らせ

令和元年度審査前講習会

要領.pdf
PDFファイル 120.7 KB
申込書.pdf
PDFファイル 103.1 KB

掲載写真等について

削除要請等があれば対応いたしますので、ご連絡ください。

著作権について

このホームページに使われている画像・テキスト等は、すべて宮崎県弓道連盟高鍋支部に帰属するもの、または正規の手続きを経て使用しているものです。

このサイト内にある画像等の著作権・肖像権等全ての権利は、それぞれの権利所有者に帰属します。

無断ダウンロード、無断使用等は厳にお断り致します。

リンク等も含め、一言ご連絡ください。

なお、十分に注意してはおりますが、不備・不都合等ございましたらご指摘ください。直ちに対処致します。

掲載されている写真が、ご入用の方は、ご連絡ください。

当支部に著作権のあるものに限り、最適なサイズで(0.5KB〜6KB程度)でお送りします。

(多少時間がかかります。)